こんなライティング案件には手を出すな!クラウドソーシングの地雷案件3選!

ヘラクレス
こんにちは。ヘラクレスです。

 

今までクラウドソーシングで多くのライティング案件を手掛けてきましたが、中には理不尽というか、腑に落ちない案件(クライアント)もありました。

 

結果、その案件を受注したことでライターさんが損をしてしまうはめに…。

 

そこで今回は、これからクラウドソーシングを使おうと考えているライターさんに、自分と同じ目に遭わないよう「やってはいけないライティング案件」をランキングにしてまとめました。

 

この記事を読むことで、あなたはクラウドソーシングで地雷を踏まずに、ライティングの仕事をこなしていけるでしょう。

 

※今回紹介する地雷案件は、ヘラクレスがクラウドワークス・ランサーズでの経験やネット上で耳にした内容です。

 

それでは最後までよろしくお願いいたします。

 

やってはいけないライティング案件3位~導入文とまとめは報酬無し!?~

クラウドワークスやランサーズには、案件の詳細が書いてあるページにて下記のように・・・

 

文字単価:〇円

1記事あたりの文字数:〇〇文字

 

と、こんな感じで情報が書かれています。※実際は納期や記事のジャンルなどの情報も載っていますが、書くのが面倒だったので省略してあります(_ _)

 

そして、ライターさんが条件に納得すれば応募をし、クライアントさんから正式に依頼がもらえるといった流れですね。

 

それで、自分が損したライティング案件というのが、

 

文字単価:0.6円

1記事あたりの文字数:2500文字

 

ライターを始めて最初の頃に受けた案件なので少々あやふやですが、このような条件だったかと思います。

 

つまり、私がこの条件で受けた際にもらえる報酬金額は、0.6×2500=1500円です。※システム手数料も引かれるので実際はもっと少ないですが(^^;

 

こんな感じになるのですが、見たところ至って普通の条件です。

 

ヘラクレス
じゃあ、私は何を損したのか?

 

それはクライアントさんと契約をした後の話です。

 

クライアントさんの中にはマニュアルを用意している人が多く、「マニュアルのルールに沿って進めてください」と指示を受けて記事の作成に進みます。

 

私もマニュアルにの内容を理解しながら読むのですが、問題はその後。マニュアルには、こう書いてありました。

 

本文の内容を2500文字以上になるように書いてください」

 

ヘラクレス
ん!?ちょっと待て!

 

この時、自分の頭の中は?マークで埋まりました。

 

黒竜
何がおかしいのだ?条件通りだと思うが。

 

ヘラクレス
パッと見、そう思うよね。でも、「本文の内容を」と書かれた部分に注目して欲しいんだ。

 

他の方が書いているブログ記事を読んだことのある人は、イメージしやすいかと思いますが、Webライターが書く文章というのは基本、「導入文」「本文(見出し)」「まとめ」の3構成で仕上げられます。

 

この案件に関しても、上記の3構成でまとめるように指示されていました。

 

でも、本文の段落を2500字以上。もらえる金額も2500字分まで

 

もう予想はできたのではないでしょうか。要するに、そのクライアントさんが言いたい事は・・・

 

「本文で2500字書いて下されば、1500円差し上げます。
でも、導入文とまとめも書いて下さいね!
ただし、その分の文字数はカウントしませんし、報酬を渡すつもりもありませんので♪←最後の行、超重要

 

したがって、本文2000字₊導入文&まとめ500字で納品しても非承認となり、本文2500字₊導入文&まとめ〇〇文字で承認がもらえる条件なのです。

 

要するに導入文とまとめの段落は、「無料で書け」と言われているようなものです。

 

確かに導入文とまとめは、それぞれ200~300字程度ではあります。

 

ただ、書くことに変わりはないので、それを「文字数にはカウントしません」というのは筋違いだと思うんですよね。

 

例えば、3つの構成全てを含めて3000文字と掲示しているにも関わらず、4000字書き「1000文字オーバーしたから追加料金をください」というのは、ライター側のわがままと言えるでしょう。

 

クライアントからすれば「こちらは3000文字で依頼したのに、4000文字で書いたのはそちらの都合ですよね?」と言い返されて終了です(^^;

 

ただ、今回の場合「導入文とまとめも書いてください」と指示しているのに、「文字数にはカウントしません」と書いてあったのが疑問でした。

 

しかも、これが契約後に言われたことなので尚更。

 

最初から案件の詳細ページに「導入文とまとめは、文字数と料金にはカウントしません」と書いてあれば読み落とした私が悪いのですが、契約後に言われたら読み落としもへったくれもありません。

 

実際ライティングに取りかかっていると、文字数オーバーは当たり前なのですが、やられた感が否めません(^^;

 

レックス
お前案外細かいな(笑)

 

ヘラクレス
いや、仕事でやる以上、拘らないといけない部分もあるよ。

 

いずれにせよ、こういったライティング案件に取り組んでしまった際は、1記事だけやって継続はしないことをおすすめします。

 

自分は、その案件のクライアントさんから「継続してお仕事をお願いしたい」と言われましたが、適当に理由を作って断りましたw

 やってはいけないライティング案件2位~不合格の場合は報酬無しです~

プロジェクト案件の中には、「テストライティングを受けて合格だった場合は、本件に取りかかってもらいます。」といった感じの案件も存在します。

 

そして、この後には決まって、下記の文が書かれています。

 

テストライティングで不合格だった場合、報酬は支払いません。

 

つまり、どれだけ頑張って記事を作成しても、クライアントが不合格と言ってしまえば、契約キャンセルを要求されて無報酬となるのです。

 

例えば、納品された作品を1つに絞って当選者だけに報酬を与えるコンペ方式と呼ばれる案件は、元々そういうやり方だから仕方がないと言えます。

 

また、コピペのような盗作行為やクライアントが掲示したタイトルとは関係の無い記事を納品して、不合格になった場合でも仕方のない結果です。

 

しかし、クライアントのルールを守って納品したにも関わらず、不合格で報酬がもらえないケースも珍しくはありません。

 

恥ずかしい話にはなりますが、私も一度同じような事がありました。

 

当時はライティングのレベルが低かったのは事実なので、実力不足だったのは認めざるを得ません。

 

ただ、分からない部分は質問をし、相手が指定した条件も守って記事は仕上げました。※納期だって守っています。

 

それなのに、納品して1時間もしない内に「不合格です」という通知が届いた時はショックでしたね(苦笑)

 

せめて何が駄目だったのかだけでも教えて欲しかったというのが本音です。

 

ベル
時間の無駄も同然ね。

 

ヘラクレス
正直、やって後悔した(_ _)

 

もし、今後あなたがプロジェクト案件を受ける際は、テストライティングで不合格になった場合でも報酬がもらえる案件を選びましょう。

 

もちろん、合格できればそれで良いのですが、個人的にはあまりおすすめできないです。

やってはいけないライティング案件1位~記事単価50円!?~

プロジェクト案件になるのですが、下記のような条件で募集しているクライアントさんがいます。

 

1記事:50円or100円

文字数:2000文字

記事数:20(10の場合もある)

 

加えて、こんな文言があります。

 

  • 初心者歓迎
  • マニュアル完備
  • プロのライターに匹敵する技術・スキルが手に入る

如何にも初心者が釣られそうなタイトルですが、注目して欲しいのは記事単価の部分です。

 

50円or100円と書いてありますよね。しかし、これは文字単価ではなく記事単価

 

つまり、2000字の記事を1文字の金額に置き換えると、50円で1文字0.025円、100円で0.05円

 

0.1円よりも酷い単価です。

 

シロ丸
最早単価と言って良いのかすらレベルだな(^^;

 

プロに匹敵する技術やスキルが身に付くと書いてありますが、ライティングというのはネット上に散らばっている情報や書籍を読み、案件をこなしていくことで自然に実力は付いていきます。

 

そのため、こんなに安い案件であなたが時間と労力を使う必要も無いかと思います。

 

初心者だと色々不満な部分はあるため甘い文言に誘惑されがちですが、くれぐれもこんなぼったくり同然とも言えるライティング案件には手を出さないようにしましょう。

 

※記事単価50円案件に関しましては、下記記事に詳しく書いてあります。興味のある方は、一度ご覧になってみてください。

 

【初心者ライターさんへ警告】絶対にやってはいけないライティング案件~ランサーズ&クラウドワークス~

2019年5月19日

地雷案件には要注意!

今回は、私個人が思った「クラウドソーシングのやってはいけないライティング案件(地雷)」について紹介いたしました。

 

3位と2位は人の考え方にもよりますが、やっぱり個人的にはおすすめできません。※1位は論外です。

 

ただ、それを承知した上で受注するのなら、無理に説得してまで止めるようなことはしません。(1位の件に関しては全力で止めますがw)。

 

でも、しっかりとした条件を掲示し、発注を行っているクライアントさんだっています。

 

そうなると、今回紹介したような案件を掲示する人よりも、きちんと報酬をくれる人に力を貸してあげたいですよね。

 

あなたもライティングの案件を受注する際は、ルールを守って活動している方達に力を貸してあげるようにしましょう。

 

それと余談ではありますが、この記事を更新した日付は「4月30日」、平成最後の日でもあります。普段色々と忙しくて更新が滞ってはいますが、平成最後の日に更新出来て良かったです。

 

ヘラクレス
元号が変わってもブログは引き続き頑張っていきますので、よろしくお願いいたします!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

※ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ Webライター・ブログライターへ
にほんブログ村

コメントを残す