超便利!Webライターの仕事に使える無料お役立ちツール6選!

ヘラクレス
こんにちは。ヘラクレスです!

 

  • Webライターの仕事を始めようと検討しているけど、用意しておいたほうがいいツールがあったら紹介して欲しい。
  • ライティングが中々効率よくいかない・・・。何か便利なツールがあるといいな。
  • できればお金は使いたくないから、有料ではなく無料のものを紹介してほしい。

 

今回は、こうした疑問を解決できる内容となっております。

 

なぜなら、今回ご紹介するツールは私がWebライターの仕事をやる上で実際に使っているものだからです。

 

業界歴3年目の私が今でも使い続けていますので、あなたの役に立つ事も間違いないでしょう。

 

当ページをご覧になって頂く事で、あなたのライティング精度はさらに向上し、スピーディーに作業をこなせるようになります。

 

超便利!Webライターの仕事に使える無料お役立ちツール6選!

 

では、早速ですが私が今現在も愛用しているWebライター用のツールをご紹介いたします。

 

また、今回ご紹介するものは全て無料でダウンロードできます!※一部条件があるものも存在します。

 

注意説明

Wordやメモ帳、Googleドキュメントといった文章作成ソフトのように、ライターの仕事をする上で絶対に必要なものは省略いたします。

今回紹介するのは、悪魔でも便利なものに過ぎませんので、予めご了承ください。

 

キーワード選定①!Ubersuggest ※誰でも使えます!

 

Ubersuggestは、記事作成時におけるキーワードの選定に役立つツールです。

 

キーワードを入力する事で、そのキーワードの月間検索数や競合性を表示してくれます。

 

では、1つ例を見てみましょう。

 

 

こちらは「新幹線 ケーキ 作り方」で調べた結果ですが、「90」と書いてあるのがお分かりでしょうか。※その他の項目はスルーしてください。

 

この数値は、実際に1ヶ月で検索されている数の事を意味します。

 

記事作成において一番大事なのは、読者さんに満足してもらうこと。

 

しかし、大前提として読者さんに記事を見つけてもらわなければ話になりません。

 

そうした時、読者が検索しないキーワードを選んでも意味がないですよね。

 

黒竜
これを防止するために、Ubersuggestが役に立つという訳だな。

 

ヘラクレス
その通り!

 

読者が検索するキーワードを見つけるためにも、キーワード選定ソフトは非常に便利です。

 

→Ubersuggestはこちらから

 

※デメリットもあります

 

Ubersuggestは非常に便利なツールですが、デメリットとして無料版は1日3回までしか調べる事ができません。

 

そのため、ある程度どういったキーワードにしようか決めた上で、調べる必要があります。

 

ただ、1日3回までというのは1つのブラウザごとです。

 

例えば、「パソコンで3回、スマホで3回」と合わせれば、実質6回まで調べられます。

 

シロ丸
6回も調べられれば、よっぽど大丈夫かもな!

 

キーワード選定②!Googleキーワードプランナー ※一部の方は登録できない場合があります

 

Googleキーワードプランナーは、同じくキーワード選定ツールです。

 

利用用途はUbersuggestとほとんど同じですが、一部違いがあります。

 

違いは以下の通り。

 

  • 月間検索数の表示数
  • 1日におけるキーワードの調査回数
  • 登録までの手間
  • 登録に必要なものがある(自社サイトとクレジット(デビット)カード)

 

ヘラクレス
1つずつ解説していきます。

 

月間検索数の表示数

 

キーワードプランナーは、月間検索数の範囲が広くて少し分かりにくい部分があります。

 

下記画像を見てみてください。

 

 

「新幹線 ケーキ 作り方」で調べると、「月間検索数は10~100」という風に表示されます。

 

Ubersuggestは、同じキーワードでも”90″と分かりやすく表示されるのに対し、キーワードプランナーは少々漠然としていますよね。

 

一応お金を払う事で詳細な数値が見れるようになりますが、当然コストが掛かります。

 

ですので、「月間検索数50ぐらいのワードを狙いたい」といった時みたいに、細かく拘る方は少々不便を感じるかも知れません。

 

1日におけるキーワードの調査回数

 

キーワードプランナーは検索数の値こそ曖昧ですが、1日におけるキーワード調査の回数に上限はありません

 

10回でも100回でも好きなだけ調べられますので、安心して利用できます!

 

登録までの手間

 

Googleキーワードプランナーは、登録手順が非常に面倒な事でも有名です。

 

というのも、キーワードプランナーは本来広告を出稿するためのツールです。

 

ベル
それって、キーワード調査はオマケって事かしら?

 

ヘラクレス
オマケというよりは、広告を出すための参考で使用するといったほうが正しいかな。

 

広告関係もあり、登録の際には細かい情報を入力していかなければなりません。

 

詳しい説明は省略いたしますが、利用用途や広告の作成など、手順が多い事この上ありません(笑)

 

ヘラクレス
登録だけで普通に30分近くは持っていかれます(^^;

 

登録に必要なものがある

 

キーワードプランナーのアカウントを作るためには、自分のサイトとクレジットカード(デビットでもOK)を持っておく必要があります。

 

これらが無いと、登録できないので要注意です(_ _)

 

→Googleキーワードプランナーはこちらから

 

豊富なキーワードを見れる!関連キーワード取得ツール

 

関連キーワード取得ツールでは、入力したキーワードと関連性のあるキーワードを表示してくれます。

 

例えば、「ケーキ 作り方」で調べてみますと・・・

 

 

このように、「ケーキ 作り方」に関するキーワードがたくさん表示されます。

 

レックス
お~、めっちゃあるな(笑)

 

先ほどのUbersuggestとキーワードプランナーでは、「新幹線 ケーキ 作り方」を例に説明しましたが、こちらも関連キーワード取得ツールを参考にして見つけたものです(笑)

 

これを使えば、一瞬で多数のキーワードを掘り出す事が可能です。

 

キーワードのネタが思い浮かばない時には、迷わず利用しましょう!

 

補足説明

ちなみに、関連キーワードはGoogleキーワードプランナーで調べる事もできます!

 

→関連キーワード取得はこちらから

 

コピペを阻止せよ!CopyContentDetector

 

Webライターの仕事で絶対に避けなければいけないのは、文章のコピペです。

 

Web上の文章といえど、コピーは著作権に引っかかるので気を付けなければなりません。

 

黒竜
だけど、コピーを意識していなくても、文章が重複する事ってあるんじゃないのか??

 

そこで活躍するのがコピペチェッカーこと「CopyContentDetector」です。

 

コピペチェッカーに文章を貼り付けてチェックする事で、コピーの一致率を出してくれます。

 

注意説明

無料版でチェックできる文字数は4000字までです。有料版なら8000字分までチェックできます。

 

で、判定結果は以下のように表示されます!

 

 

上記画像の結果は、実際に私が3000字程度で書いた文章をチェックしたもの。

 

項目は全部で3つありますが、一番注目すべきは「一致率判定」という部分です。※25%と書いてあります。

 

一致率判定が高いほど他サイトの文章と重複している事を意味します。

 

上記資料は25%と記載されていますが、これは比較的問題ありません。ツール上にも、良好と記載してあるのが何よりの証拠ですね!

 

要注意な例

 

 

上記画像のように「コピーの疑い」と出た場合は要注意です。

 

もっとも、丸々コピーしない限りはここまで一致する事はありませんが、意識していなくても40%近くになる事はあります。

 

40%は一応良好と表示されますが、やっぱり半分近い数値なので、見栄え的に好ましくはないです。

 

しかし、だからと言ってゼロはさすがに不可能なので、そこまで拘らなくても大丈夫です!

 

20~30%以内を目安に収めれば問題ありません!

 

→CopyContentDetectorはこちらから

 

クライアントとの連絡に!Chatwork

 

Chatworkは、クライアントと個別にやり取りできる連絡用ツールです。

 

イメージとしては、LINEやSkypeに近い感じでしょうか。

 

「連絡するだけならLINEやSkype、何ならメールでも良いのでは?」という話になりますが、中にはプライベート用とビジネス用に分けたい人だっているでしょう。

 

そうした時に役立つのがChatworkです。

 

Chatworkはビジネスのみ!」と分ける事で、プライベート用のツールと上手く使いこなせるでしょう。

 

ヘラクレス
私もクライアントさんとやり取りする際は、チャットワークを利用させて頂いております!

 

→ChatWorkはこちらから

 

いざという時に役に立つ?ブログ(自社サイト)

 

Webライターなら、自分のブログを持っておくと便利です。

 

なぜなら、ブログを持っておくことで、以下のようなメリットが得られるからです。

 

  • ライター活動のポートフォリオになる:自分で書いた記事を公開しているから
  • ブログを経由して仕事の依頼をもらえる事がある:自分で営業する必要が無くなる
  • アフィリエイトやアドセンスで+アルファの収入を得られる:経済的に余裕ができる
  • Googleキーワードプランナーが利用できるようになる:キーワードの調査し放題

 

このように、ブログを始める事であなたのライティング活動は、より豊かになります。

 

私もこうしてブログを挙げていますが、上述した項目を達成するためですね!

 

シロ丸
とはいっても、まだあんまり成果出ていないけどな(^w^)

 

ヘラクレス
う~、痛いところを(T_T)

 

ブログは無料サイトでOK

 

自社サイトを作る場合、サーバー代とドメイン代が必要になりますが、経済的に厳しいようなら無料ブログでもOKです。

 

有料ブログに比べて、上位表示がしづらかったり広告が貼れなかったりと不便な部分はありますが、ポートフォリオ目的なら無料ブログでも十分です!

 

それに、いきなりお金を使うのはやはり抵抗があるかと思います。

 

ですので、まずは無料ブログをやって続けられそうなら、有料ブログに切り替えてみると良いでしょう。

 

補足説明

無料ブログサイトをいくつか挙げると、アメブロはてなブログライブドアブログなどがあります。私も当初は、はてなブログを利用しておりました!

 

ツール以外にも?Webライターが持っておくと便利なアイテム

 

今回はツールをメインに紹介しましたが、それ以外にも便利なアイテムはあります。

 

私がおすすめするものは、以下の5つです。

 

Webライターが持っておくと便利なアイテム
  1. ポケットWi-Fi:いつでもどこでもインターネットに繋げられる
  2. スマホやタブレットなどの携帯端末:メモした内容や他のページを瞬時に見直せる
  3. モニター:別のページを瞬時に見直せる、画面が大きいから見やすい
  4. ライティング用の教材:参考書や書籍など。ネットには載っていない専門性の高い情報を学べる
  5. Googleアカウント:GoogleドキュメントやGmailなど、Googleが提供するサービスを使えるようになる。Ubersuggestやキーワードプランナーを利用する際にも必須。

 

これらをもっと詳しく知りたい方は、下記記事にまとめてありますので、よろしければご覧になってみてください。

 

Webライターを始めるときに必要なもの4選!業界歴3年目が紹介!

2020年6月11日

 

まとめ

 

ぶっちゃけ今回紹介したツールを利用しなくても、Webライターをやっていく事は可能です。

 

しかし、自分の力のみでやろうとすると、時間が掛かる上に記事の精度も下がってきます。※ブログは除外

 

結果、ライターとして思うように稼げず、業界をリタイアせざるを得ません。

 

そうならないためにも、最低限私が愛用している6種類のツールを導入頂けたらと思います。※キーワードプランナーとブログは条件にもよりますので、無理にとは言いません。

 

無料で利用できますので、あなたが損する事は一切ありません!

 

役立つものは積極的に採用し、同時にWebライターとしてレベルアップしていきましょう!

 

ヘラクレス
最後までお読みいただきありがとうございました!

 

※ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ Webライター・ブログライターへ
にほんブログ村

コメントを残す