1000字でも稼げる?Webライターが1日に書くべき文字数とは?

ヘラクレス
こんにちは。ヘラクレスです。

 

Webライターで稼ぎたい人は、1日〇文字書け!!

 

こうした文面を見かける人も多いのではないでしょうか。

 

とある人は「8000字だ!」に対し、またまた別の人は「10000字だ!」・・・と。

 

いやいや、結局何字が正しいねんwwという話ですよね(^^;

 

そういうわけで、今回ハッキリさせようかと思います!

 

「Webライターが本格的に稼ぐために必要な1日の文字数とは・・・?」

 

業界歴3年目の私がまとめた内容となっておりますので、信ぴょう性も高いものだと思って頂いて大丈夫です!

 

ヘラクレス
最後までよろしくお願いいたします♪

 

Webライターが稼ぐために必要な1日の文字数とは?

 

ネット上を見ると色々な意見が挙がっていますが、結論を言ってしまうと、どの意見も間違いではありません。

 

なぜなら、人によって状況や目標は異なってくるからです。

 

例えば、文字単価1円で活動しているAさんと、文字単価2円で活動しているBさんがいたとしましょう。そして、2人が同じ文字数の記事を書くとします。※ここでは5000字と仮定。

 

・Aさんが5000字を書いた場合=文字単価1円×5000字=収入は5000円

・Bさんが5000字を書いた場合=文字単価2円×5000字=収入は1万円

 

いかがでしょうか?文字単価が違うだけで、ここまでの差が出てきます。

 

ですから、文字単価1円の人が「1日1万円稼ぎたい!」となれば、1日10000字書く必要があります。

 

一方、文字単価2円の人が「1日1万円稼ぎたい」という場合、1日5000字で良いのです。

 

あなたが目指す月収は?

 

文字単価もですが、もう1つ意識すべき点は「あなたが月にいくら稼ぎたいか?」です。

 

当然ですが、これもまた人によって基準が変わってきます。

 

副業で月収5万円という人もいれば、本業で月収20万円を目指している人もいるわけです。

 

双方文字単価1円と仮定し、当てはめますと・・・

 

・月収5万円を目指す場合:50000÷30(1ヶ月の日数)=1666

・月収20万円を目指す場合:20万÷30=6666

 

休日を挟む事も考えたら多少変動はございますが、前者なら1日約2000字後者は1日約7000字という形になります。

 

いずれにせよ、目標が違う場合においても、1日に必要な文字数は大きく変わってくるのです。

 

【極論】1000字でも稼げる!?

 

ここまでのお話を見て頂けたら、何となく予想はできるかも知れませんが、極論を言ってしまうと1日1000字で高収入を得る事も可能です。

 

シロ丸
上級ライターにもなると、1文字5円の人もいるわけだが、その場合「1000字で5000円」という訳か。

 

ヘラクレス
そういうことだね♪

 

特にコピーライターとかは一気に単価が引きあがるので、1000字で1万円も夢ではありませんw

 

その分、求められるクオリティも高くなりますが(汗)

 

1日における文字数はそこまで重要じゃない?Webライターが稼ぐために本当に必要なこと

 

ここまでは、大まかに今回のテーマに沿った回答をまとめさせて頂きました。

 

ただ、私個人としましては・・・

 

Webライターで稼いでいくためには、1日の文字数よりも、1記事1記事をいかにクオリティの高い内容に仕上げていくかが大事だと思っております。

 

なぜなら、クライアントさんが求めている記事というのは、Googleで上位表示できるようなコンテンツや成約率をアップさせるための内容だからです。

 

例えば、あなたは以下2つの記事の内、どちらがほしいですか?

 

・A:1000字だけど、Googleで1位表示できる記事

・B:8000字だけど、Googleで上位表示を見込めるわけではない

 

恐らく、ほとんどの人がAを選ぶのではないでしょうか。

 

ベル
確かに結果が出るほうが良いもんね。

 

もちろん、時間を掛けすぎるのもよくないですが、文字数と時間だけに囚われてしまうと、中々良い記事というのは書けません。

 

いくらスピードはあっても、スキルが上がらなければ単価をアップさせるのも難しいです。

 

それだと非常にもったいないですよね。

 

ですから、あなたが将来的にライターの仕事で稼いでいきたいのであれば、スキルアップにフォーカスしていきましょう。

 

ヘラクレス
個人的にWebライターは、クリエイティブな仕事だと思っております。間違えても、作業ゲーではないです。

 

もっとも、高品質でかつスピーディーに納品できれば最強ですが、そう簡単な話ではありません。

 

そのため、優先順位という形で捉えておいてもらえると嬉しいです(^^;

 

まとめ

 

今回は少し短めの内容でしたが、最後にもう一度おさらいしていきましょう。

 

  • Webライターに必要な1日な文字数は、文字単価や目標収入によって大きく異なる。
  • 本気で稼いでいくためには、スキル&単価を上げていったほうが効率いい。そうすれば、少ない文字数でも高収入を臨める。

 

今回は端的な内容となりましたが、単価を上げる方法などは別の記事にまとめています。ご興味のある方は、一度ご覧になってみてください。

 

【永久保存版】ライター必見の単価をアップさせるためのステップ

2020年2月20日

現役Webライター直伝!収入アップを実現する必殺の単価交渉術5選!

2020年2月17日

Webライター初心者が知っておきたい文字単価よりも優先すべき「アレ」

2019年9月8日

【未経験者向け】Webライターのタスク案件とは?稼ぐ方法も解説!

2019年8月29日

 

今回は以上です!

 

ヘラクレス
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ Webライター・ブログライターへ
にほんブログ村

コメントを残す