募集サイト多数?Webライターのボランティア事情を徹底調査!

ヘラクレス
こんにちは。ヘラクレスです。

 

Webライターのボランティア大募集!未経験者でも大歓迎です!

 

この文言を見て応募を検討されている人も多いのではないでしょうか。

 

決まって「未経験者歓迎」と書かれているケースが多いため、ついつい誘惑に負けてしまいがち。

 

しかし、同時に以下のような疑問点も出てくるのではないでしょうか。

 

  • Webライターのボランティアは、どういう事をやらされるのか?
  • ボランティア活動にメリットはあるのか?
  • 仕事としてやる前に、まずはボランティアで経験を積むべきなのか?自分はやったほうがいいのかな・・・。

 

そこで今回は、Webライターのボランティア事情を徹底的にリサーチいたしました。

 

上記の疑問を解決できる内容となっておりますので、最後までご覧になってみてください。

 

募集サイト多数?Webライターのボランティア事情を徹底調査!

 

では、最初にボランティア事情から見てまいりましょう。

 

私が検索したところ多数の募集サイトがヒットしましたので、ここではそのサイトを用いて解説いたします。

 

ソーシャルスタンドの例

出典元:ソーシャルスタンド

 

こちらのサイトでは、主に社会団体に興味・関心を深めてもらう事を目的に募集しているようです。

 

未経験者でも歓迎とは書いていますが、報酬は無いようです。

 

activo

 

activoは、国内最大級のNPO・社会的企業のボランティアや職員・バイトの情報が掲載されているサイトです。

 

こちらでも検索を行ったところ、いくつかボランティア案件がヒット。

 

一例を紹介しますと・・・

 

出典元:activo

 

こちらは国際や貧困をテーマにした執筆依頼との事ですが、やはり報酬は無し。

 

シロ丸
しかも、条件も地味にしんどいし(汗)

 

ヘラクレス
まさに奴隷という名のボランティアですね(汗)

 

DRIVEラボ

 

出典元:DRIVEラボ

 

DRIVEラボでは、これまでのサイトと違いボランティアという名目で募集してはいるものの、謝礼が発生するようです。

 

文字数が分からないので何とも言えませんが、1記事3,000円ならまあまあの報酬ではないでしょうか。

 

しかし、報酬がもらえるのは経験者だけで、未経験者はやはり無償みたいです。

 

HER MAGAZINE

出典元:HER MGAZINE

 

HER MAGAZINEは、音楽関連の執筆依頼を募集しているサイトですね。

 

最初は無償みたいですが、執筆数が多くなるにつれて報酬がもらえる仕組みとなっています。

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

こんな感じで複数の募集事例を紹介しましたが、一律で報酬無しのところもあれば、経験や執筆数次第ではお金を払ってくれるところなど、サイトごとにボランティアの定義は異なっているようです。

 

ただ、条件付きではあっても、未経験の方は基本的に無償募集がほとんどでした。

 

そのため、未経験の方からすると、決して良い待遇とは言えないでしょう。

 

調査内容から分かる?Webライターのボランティア活動のメリット・デメリット

 

ここまではボランティア案件の詳細を紹介しましたが、こちらでは改めてWebライターのボランティア活動におけるメリット・デメリットを解説したいと思います。

 

あなたが今後活動していく上で判断して頂ければ幸いです。

 

メリット

 

  • 文章作成の練習になる
  • 有料の仕事に繋がる事もある

 

メリットは、ざっくり言ってこんな感じでしょうか。

 

1つは文章作成の練習になること、そしてもう1つは無料の仕事を通じて有料案件に繋がるケースがあるという事でしょうか。

 

ただ、本音を言うと、これらはボランティア活動してまで得るものではないと思います。

 

詳しくは次の段落「Webライターでボランティア活動する必要は全くない」にて解説いたします。

 

デメリット

 

  • 記事を書いてもお金にならない
  • 労力を消費するだけ

 

デメリットは、この2点に尽きるのではないでしょうか。

 

言葉の通りボランティアな訳ですから、お金は発生しません。

 

他人のために記事執筆という大変な作業をしておきながら、1円も入らないのは正直痛いところ。

 

また、それに伴い労力を消費するだけ。

 

まさしく時間の無駄と言っても過言ではありません…。

 

【結論】Webライターでボランティア活動する必要は全くない

 

個人的な見解ではありますが、結論を申し上げますとWebライターでボランティア活動してまでスキルアップに励む必要はありません。

 

先ほどメリットの項目では「文章作成の練習になる」、「有料案件に繋がる場合がある」と記載しましたが、ぶっちゃけボランティア活動しなくても得られる事です。

 

例えば、文章作成の練習なら自分でブログを開設して執筆する事だってできます。

 

また、クラウドワークスやランサーズ等のサイトでは未経験者向けの案件が多数募集されています。

 

そして、当然ですが報酬だってもらえます。中には添削まで行ってくれる案件がございますので、そう考えるとどちらがお得かは言うまでもないでしょう。

 

わざわざお金にもならない仕事を自ら進んでやる必要なんて全くないのです。

 

少なくとも未経験や初心者は無償で働かないといけないなんていうルールはありませんので、ご安心ください。

 

※ただし、初心者向けでも気を付けなければいけない案件がいくつかあります。詳しくは下記記事にまとめていますので、一度ご覧になってみてください。

 

こんなライティング案件には手を出すな!クラウドソーシングの地雷案件3選!

2019年4月30日

 

Webライターは経験が無くても稼げる仕事です

 

今回はWebライターのボランティア活動についてまとめましたが、正直物好きな人ではない限り、わざわざ手を出す理由は無いでしょう。

 

「私は未経験(初心者)だから・・・」と思っている人。

 

そんなに心配しなくても有償の仕事はたっぷりあります!

 

ですので、実力に自信が無いからと気を落とさずに、どんどん案件に応募していきましょう。

 

お金を手に入れつつ、ライティングのスキルも身に付けていきましょう♪

 

ヘラクレス
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ Webライター・ブログライターへ
にほんブログ村

コメントを残す