Webライター初心者必見!記事のタイトルは時間を掛けてでも考えろ!

ヘラクレス
こんにちは。ヘラクレスです。

 

突然ですが、あなたは記事作成の際に、どのようなタイトル名を付けていますか??

 

また、タイトルを考えるのに、どのくらいの時間を費やしているでしょうか?

 

質の高い記事を仕上げるには、本文の内容はもちろんですが、それと同じくらい大事なものがあることをご存知でしょうか。

 

そう、それが「記事のタイトル」です。

 

でも、どうして本文内容と同じくらい記事のタイトルが重要になってくるのか、気になりますよね。

 

そこで今回は、記事タイトルの重要性について解説いたします。

 

Webライター初心者の方は、ライティングのスキルを上達させる事も踏まえて、ぜひ読んでみてください。

 

記事タイトルが大事な理由とは?

 

記事タイトルが大事な理由、それはアクセス率が大きく関係してくるからです。

 

私達が何かを検索するとき、簡単なキーワードを入力し、表示された検索結果の中からページをクリックしますよね。

 

でも、この時あなたはどういったページをクリックしているでしょうか?

 

恐らく本能的に「読みたい!」、と感じさせてくれたようなページをクリックされているのではないでしょうか。

 

これだけだとイメージが付きづらいかと思いますので、もう少しマイルドに説明いたします。

 

例えば、あなたが「オムライスの作り方」についてGoogle上で検索を行ったとしましょう。

 

この時あなたは、AとBどちらのページをクリックしたいと思いますか?

 

A:美味しいオムライスの作り方を解説

B:初心者でも簡単!一流シェフに匹敵するふわとろオムライスの作り方

 

ベル
私だったらBを選ぶわね。

 

ベルはBを選びましたが、恐らくあなたもBを選ばれたのではないでしょうか。

 

なぜなら、Bのタイトルは「初心者でも簡単」や「ふわとろ」など、インパクトのある文面が書かれているからです。

 

インパクトあるタイトルに魅了された読者は、記事を読みたいという気持ちも湧き、ページをクリックしてしまうのです。

 

実際、「初心者でも一流シェフの腕に劣らない、ふわとろオムライスが作れるよ」なんて言われたら、思わず知りたくなってしまいますよね。

 

まさに、本能を刺激された感じと言っても悪くないでしょう。

 

これに対しAのタイトルは、良くも悪くもシンプルです。

 

もちろん、シンプルなタイトルだからといって全くクリックされないわけではありません。

 

しかし、思わず読みたくなるようなタイトルか、と聞かれればそうでもないですよね。

 

そうなると、インパクトのあるBのタイトルに比べたら、クリック率も大幅に下がってきてしまいます。

 

なぜなら、読者の心を魅了できていないからです。

 

心を魅了できていないと、記事を読みたいという気持ちが湧くこともありません。

 

結果、いくら中身の質が高くても、タイトルのせいでスルーされてしまうこともあるのです。

 

このようにタイトルというのは、いかに読者の心を魅了する文面を入れるかが重要になってきます。

 

ユーザーがクリックをするか否かの命運を分けてしまうぐらい重要な事ですので、よく考えてあげましょう。

 

センスある記事タイトルを作るために知っておきたい2つのポイント

 

ここまでの説明で、タイトルの重要性については理解いただけたかと思います。

 

では、実際あなたがタイトルを付けるとき、どうすればセンスあるものになるのか。

 

この段落では、ユーザーが思わずクリックしたくなるような、インパクトある記事タイトルの作り方を解説いたします。

 

ポイント①:楽と確実性を意識する

 

まず、1つ目は「」と「確実性」を意識することです。

 

私やあなたを含め、ユーザーが検索を行うときというのは、基本的に悩みや疑問を抱いています

 

そして、それを解決するために検索を行うのですが、悩みを早く解決したいという思いから「楽」や「確実性」を求めています。

 

レックス
楽や確実性?何を根拠に言ってんだ?

 

ヘラクレス
根拠と言われたら回答に息詰まるけど、人間は基本的に楽や確実性を求めるものなんだ。

 

レックス
本能で感じてしまう的な?

 

ヘラクレス
そうそう!レックスでも「楽(確実)にお金を儲ける方法があるよ」なんて言われたら、話に乗るだろ?(笑)

 

レックス
確かに(笑)もっとも、俺様は人間じゃないがww

 

そのため、記事タイトルには「この記事を読めば、楽な方法が書いてある」、「この記事を読めば、あなたの悩みは確実に解決しますよ~」といった趣旨を記載する必要があります。

 

例えば、先ほどのオムライスであれば、ユーザーは「オムライスを上手に作れるようになりたい」という気持ちから検索を行っているんですね。

 

そして、上手に作れるようになりたい気持ちと同時に、「できるだけ簡単に」、「確実に上手く作る方法」。

 

この2つを意識しているのではないでしょうか。

 

だからこそ、「初心者でも簡単一流シェフに匹敵するふわとろオムライスの作り方」といったタイトルを、思わずクリックしたくなるのです。

 

※黄色マーカーは、楽と確実性を意識した部分です。

 

このように、読者にとって楽or確実であることを伝えられる表現を用いることで、一気にインパクトのあるタイトルに化けます!

 

ポイント②:検索ワードも意識しよう

 

また、この時、単に響きのいい言葉を使うだけではなく、検索ワードもきちんと入れなければなりません

 

これはインパクトとかの問題ではないのですが、記事を上位表示させるための必須項目とも言えます。

 

なぜなら、検索エンジンが、あなたの記事の表示順位を決める際に、検索キーワードも判断の基準に含んでいるからです。

 

「読者が検索に使うキーワードを使っているか」、「タイトルと内容は一致しているか」などといった感じに、解析を行って表示順位を決定しています。

 

では、どういった書き方がNGなのか?

 

例えば・・・

 

・「初心者でも簡単!一流シェフに匹敵する作り方」

 

先ほどから度々出ている「オムライスの作り方」のタイトルを少し弄りましたが、いかがでしょう?

 

検索ワードが入っていないのはもちろんですが、まず何の料理の作り方を表しているのか分からないですよね。

 

検索エンジンの判定基準から反れたコンテンツは、当然良い評価はもらえず、検索順位も圏外に飛ばされてしまいます。

 

そのため、オムライスの作り方の場合でしたら、「オムライス 作り方」、「オムライス 作る方法」など、ユーザーが検索に用いるワードを想定して入れなければなりません。

 

圏外に飛ばされてしまっては元も子もありませんので、検索ワードは必ず入れるようにしましょう

 

記事のタイトル名は多少時間を掛けてでも決めよう!

 

いかがでしたでしょうか。

 

納品した記事は最終的にクライアントさんの物になりますので、検索順位なんてどうでもいい、とお考えのライターさんもいるでしょう。

 

しかし、お金を頂いている以上、クライアントさんのサイトを本気で発展させるという気持ちで取り組まなければなりません。

 

そのため、ただ良い記事を書くだけではなく、タイトルといった細かい部分も意識して記事作成を行う必要があります。

 

そして、これらを考慮して作成した記事こそ、本当の意味で高品質な記事と言えるのではないでしょうか。

 

本当の意味で高品質となる記事を作り上げるためにも、本文だけではなくタイトル名にも十分意識して頂けたらと思います。

 

ヘラクレス
最後までお読みいただきありがとうございました!

 

※ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ Webライター・ブログライターへ
にほんブログ村

コメントを残す